大きなバストアップを望む

大きなバストアップを望む

大きなバストアップを望む

プチ整形とは違って、大きなバストアップを望む時は、やはり一番いいのはインプラントです。

 

 

 

ずっと長い間、その重要な位置を占めていたのは、シリコンバックでした。でも最近では様々な材質のバッグが開発されて、その豊胸手術のリスクを減らしてくれているのです。シリコンは非常に柔らかく、感触か自然であるので、長く使われてきました。

 

 

 

でもシリコンが漏れたり、破裂したりの懸念がないとはいえません。その反面、生理食塩水は人間の体液に近く、漏れ出した場合、ガンや自己免疫の異常の心配はありません。

 

 

 

しかしさわった感じはあまりよくありません。そしてCMCバッグですが、これは細菌による感染が合った時は、ブルーのバッグが白に変化するので、状態が分かって便利とされていましたが、有害な副作用などが指摘され、あまり今では使われていません。

 

キャビテーション 

 

ジェルタイプのシリコン、新しい素材を使った最近のものは柔らかさも選べて、形状、サイズなどのバリエーションも豊富です。

 

 

 

しかも自然な弾力性を実現しているので、かなり安全性も高いといえます。また、コーヒーシブを使ったシリコンバック、また、手術後の癒着がすくなく、マッサージもいらないバッグもあるので、最近ではバッグを入れるリスクもかなり少なくなってきているといえるでしょう。

 

また、内容物が漏れる心配がないバッグが増えてきて、豊胸手術の可能性を広げてくれています。かたちや大きさの希望、触感に合わせて、バッグを選べる時代になってきているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ