豊胸効果のあるツボについて

豊胸効果のあるツボについて

豊胸効果のあるツボについて

年齢とともに大胸筋が衰え、胸の位置が下がっていき、女性ホルモンが徐々に低下するため張りが失われ、バストもサイズダウンしてしまいます。

 

 

 

豊胸効果の方法として、お金をかけず自宅でできるツボの指圧があります。ツボを刺激することによって血行が促進されたり、女性ホルモンの分泌に良い影響を与えたりしてバストアップ、豊胸効果をもたらします。ツボを指圧する際は正確な位置でないと十分な効果が得られないので注意が必要です。豊胸効果のあるツボは全身で15もあります。

 

 

 

主に代表的なのは「渕腋(えんえき)」、「だん中」というふたつのツボを刺激することによって豊胸が期待できます。
まず「渕腋」の位置ですが、乳頭からわきの下に向かって、だいたい10センチほどのところにあります。押してみると痛みを伴います。血行を促進する作用がありバストに張りが出てきます。また背筋を伸ばし正しい姿勢を保つ効果もあります。
この場所を適度な強さで1日に数回押して刺激します。

 

 

 

次に「だん中」の位置です。左右の乳首のちょうど中心にあたる部分で、この部分も押すと少し痛みを伴います。「だん中」は女性ホルモンの分泌に影響を与えます。位置を確認できたら、右手の人差し指と中指をあて、その上に左手の人差し指と中指を重ね、指をあてたままの状態でゆっくり息を吐きながら上半身を前に倒します。そして次に息を吸いながら上半身を元の状態に戻します。
この動作を1日に何回か繰り返します。

 

 

 

指圧をするときに注意しなければいけないのは、あまり力を入れすぎないことです。
1日に数分の指圧を続けることで胸を豊かにし、美しく張りのある胸を維持できます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ